05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ ←1日1クリック!ランキング参加お願いします。
Linuxから始める先端ITもよろしくお願いします。

最新記事

△top

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

現役受験生による「センター試験英語対策!!」 アクセント2 

前の続きです

【2】よく出題されるアクセントのまとめ
①カタカナ英語のアクセントシリーズ
6
ニフォーム  uniform

②-ableがつくとアクセントが移動する語シリーズ

apply(申し込む) → applicable(適応できる)
compare(比較する)→ comparable(匹敵する)
admire(賞賛する)→ admirable(賞賛すべき)
prefer(~の方を好む)→ preferable(より好ましい)
repair(修理する)→ reparable(修理可能な)
neglect(無視する)→ negligible(無視してよい)

③[名詞+名刺]、または[形容詞+名詞]の合成語のアクセントは前に置く!
boyfriend
girlfriend
classmate
classroom
firework
greenhouse
housework
housekeeper
honeymoon
newspaper
passport
spaceship

④economyの派生語のアクセントまとめ
economy (経済・節約)
economic (経済の)
economics (経済学)
economically (経済的に)
economist (経済学者)
economical (経済的な・得な)
economize (節約する)

⑤photographの派生語のアクセントまとめ
photograph(写真)
photography(写真撮影)
photographer(写真家)
photographic(写真の)

⑥geo-系のアクセントのまとめ
geology(地質学)
geographic(al)(地理の)
geographer(地質学者)
geologic(al)(地質学上の)
geometry(幾何学)
geometric(幾何学的な)

⑦desertとdessertのアクセント
desert[名](砂漠)
desert[動](放棄する。見捨てる)
dessert[名](デザート)

⑧アクセント問題頻出101(アンダーラインがアクセントの位置です)
(クリックすると拡大します)
7
タグ: 大学入試    センター試験  英語  対策  現役  受験生 
お勉強会 英語  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

現役受験生による「センター試験英語対策!!」 アクセント 

第1問 【B】アクセント(強勢)問題 2010年度配点 (2点×3問=6点)

センター試験 アクセント編
【1】基本的なルールは覚えておこう
アクセントには、例外もあるがある程度の法則がある。できるだけ覚えておこう。

①接頭語にアクセントを置く!!
次の綴りの接頭辞を持つ単語は、その接頭辞にアクセントを置く。
air-  airmail airproof
aero-  aerogram
by-   byproduct bypath
class- classroom classmate
pen-  pantomime pancake
pare-  parasol parellel

②接尾辞にアクセントを置く!!
次の綴りの接尾辞を持つ単語は、その接尾辞にアクセントを置く。
-ade   persuade arcade
-ain   again maintain obtain
-ee   employee guarantee
-eer   engineer pioneer volunteer
-ier   cashier
-ique   unique technique
-igue   fatigue intrigue
-mental   environmental fundamental
-oo   bamboo kangaroo
-oon   typhoon balloon
-ential   influential

③直前にアクセントを置く!!
次の綴りで終わる単語は、その直前の母音にアクセントを置く。
-tion 
-ian 
-ity/-ety 
-sion 例外 television
-ion 
-ean 
-ic 例外 arithmetic
-ics 例外 politic(s)
-ical 
-ial 
-ior 
-cious 
-eous 
-ious 
-ience 
-ient 
-sive 
-tive 例外 alternative , primitive
-ual 
-nomy 
-graphy 
-logy 
-menter 
-cracy 
-pathy

④2つ前の音節にアクセントを置く!!
3音節以上の語で次の綴りで終わる単語は、その2つ前の音節にアクセントを置く。
-ate accurate illustrate educate (ただし、2音節の場合は-、-ateにアクセント)
-ite appetite definite infinite
-ute absolute parachute 例外、contribute
-sis analysis emphasis
-fy satisfy notify identify

続く・・・。
タグ: 大学入試    センター試験  英語  対策  現役  受験生 
お勉強会 英語  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

現役受験生による「センター試験英語対策!!」 発音 

第一問【A】発音問題2010年度配点 (2点×4問=8点)

発音問題に関しては、配点もそれほど大きくはなく、知識量に依存する問題はできる限り時間をかけずに解くこと!
子音の問題は比較的やさしめなので確実に得点を取りたいところである。
過去4年の出題をみてみると、子音を問う問題と母音を問う問題が半々である。

5
タグ: 大学入試    センター試験  英語  対策  現役  受験生 
お勉強会 英語  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

現役受験生による「センター試験英語対策!!」 

センター試験の英語は理系でも平均点はほしい教科!
ましてや文系ならそれ以上を狙わなければならない。

とにかくセンター試験ではとりあえずまぐれでも得点を取っておくことに越したことはない。

そういうことで現役生自らがここ数年のセンター試験の傾向についてまとめていこうと思う!!

そして、これがその第一弾。

★★★センター試験英語平均点★★★
1

★★★センター試験英語設問数の推移★★★
2

★★★センター試験英語大門別配点の推移★★★
3.jpg

★★★最近5カ年のセンター試験英語について★★★
 ここ最近のセンター試験で問題形式が大きく変わっているのが、第5問である。2007年までは絵などを用いた、対話文問題だったが、2008年~2009年は、事故の様子を語ったAとBの英文を読んで、正しい位置関係を問われる問題や、純粋に内容読解問題となり、配点も2009年の18点から30点と大幅にUP。それと、第4問から第6問までの配点が横並びになってきて、第三門の特典が配点の中でも一番大きくなっていることも注意しなければならない。特に第3問が苦手な人は、徹底的に対策をする必要があるだろう。また第一問の発音アクセント系の問題も、様々に問題形式を変えてきたが2010年からは、一番オーソドックスな形式へと戻った。また、第6問も2007年までは、小説読解問題だったのだが、2008年以降は、随筆文読解へと変わり、内容一致問題も姿を消した。このように「センター試験は傾向(出題形式)が変わるもの!」と思っておいた方がよいであろう。もし2012年度のセンターで出題形式が変わった場合は、その問題はいったん避け、これまで確実にこなしてきた解法パターンでいける問題から先に解いていくべきであろう。
 出題の形式が変わる年度は平均点もやや低くなることが多いが、そこが狙い目でもある。解きなれた問題から確実に得点をとり、時間を稼いで、新傾向の問題に取り組めば高得点も夢ではない。
 最近のセンター試験のもう一つの特徴として、総合語彙(出題される単語数)が圧倒的に多くなっていることであろう。2010年のセンター試験では、筆記試験の総語数が、3500語程度なので、解答時間を考えると、分速80~100語ぐらいのスピードが必要となる。読むスピードを上げることが必須と言える。そのためにも、勉強の際には、時間をきめて解くことを心がけよう。早く正確に解くトレーニングが必須である。目安とする時間制限は、以下の表を参考にしてほしい。

★★★センター試験 時間配分について★★★
 2011年度センターで考えてみよう。センター試験の英語は、どちらかというと、英語を使った処理能力を試す問題が多い。「スピードが命」といっても過言ではない。
 200点満点を80分で回答するということは、ゆっくり慎重に解いている暇はないはずだ。以下の時間配分はあくまで目安であるが、「この大門には最大、ここまで時間をかけていい」という目安にしてほしい。
 80分という限られた時間の中での時間配分なので、マークミスなどの確認時間も考慮すると、最低でも3分前にはすべて終わらせておきたい。

4
 マークシートを塗りつぶすときは、大門が終わる都度に、まとめてマークするのが一番効率が良い。ただし、塗りつぶす問題の最初と最後の問題番号は確実にチェックすることを忘れないように。
タグ: 大学入試  センター試験  英語  対策  現役  受験生 
お勉強会 英語  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

明日の英語のテストのおべんきょー。 

To begin with , you have to pay back all your debt.
(First of all)
(In the first place)

「まず第一に、あなたは借金を全部返してしまわなければならない。」
    (初めに)
    (最初に)

To make matters worse , it began to rain.
(What was worse)

「さらに悪いことには、雨が降りだした。」

It was a good dinner , to say the least [of it].

「控えめに言っても、それは素晴らしいディナーだった。」

Strange to say there are many English teachers who cannot speak English.


「不思議な話だが、英語を話せない英語の先生が多い。」
(奇妙な)(ことに)
(おかしな)

Needless to say , Japan is poor in nature resources.

「言うまでもなく、日本は天然資源に乏しい。」

He doesn't drink beer , ti say nothing of whiskey.
                     (not to speak of)
                     (not to mention)
                     (let alone)

「彼はウイスキーは言うまでもなく、ビールも飲まない。」

He is foolish , not to say mad.

「彼は気違いとは言わないまでも、バカだ」
   (くるってる)(とまでは言わないが)

He is so to speak , a walking dictionary.
      (as it were)

「彼はいわば、生き字引だ。」
お勉強会 英語  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。