03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ ←1日1クリック!ランキング参加お願いします。
Linuxから始める先端ITもよろしくお願いします。

最新記事

△top

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【証明してみた】(数字遊び)携帯電話番号の上4ケタを250で掛けて、さらに80を掛けて、下4ケタを2回足し、最後に2で割ると、携帯番号が割り出せる 

ソース。 http://amaebi.net/archives/1878023.html

こういうものがあるらしい
--※ここから---
1.090の次の4桁×250
2.1の結果×80
3.下四けたを2回プラス
4.出た数字を2で割る
5・携帯番号が表示される
---※ここまで---

このブログにのってる数字あそびの証明を自分なりにしてみました!

たぶんどうしてこうなるんだろう?って思われた人いると思います。

なのでいまから証明していこうと思います。

【証明】
まず、割り出す電話番号を090-9023-3744とします。

090の次の4ケタ(9023)をXとおき、その次の4ケタ(3744)をYとおく。

上記の※の手順に沿って文字で計算を進めると、以下のようになる。

showmath.png

これにXとYを数字に戻すと
=10000×9023+3744

となる
携帯電話の番号はの090又は080以下は8ケタなので
090の次の4ケタを10000倍した数の下4桁は0000になる
だからそれに携帯電話番号の下4桁をたすので

=90233744 となり携帯電話の番号(090や080を除く)を割り出すことができる。

(終証)


つまり最終的な計算結果が 10000×(090の次の4桁)+下4桁 になればいいので、

以下の方法でも同じようなことができる。

1.090の次の4桁×250
2.1の結果×120
3.下四けたを3回プラス
4.出た数字を3で割る
5・携帯番号が表示される!


とか、いろいろやってみると面白いからお前らもやってみろーw

お勉強会 数学  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Fx 関数。 

◇三角関数の定義
座標平面上で、x軸の正の部分を始線にとり、動径OPを表す一般角をθとする。OP=r,P(x,y)とする時、
正弦sinθ= y/r
余弦cosθ= x/r
正接tanθ= y/x

但し、θ=π/2+nπ(nは整数)
に対しては、tanθの値は定義しない。

◇関数f(x)の、x=aにおける微分係数(変化率)の定義

       f(a+h)-f(a)
f'(x)= lim ━━━━━━
   h→0    h
お勉強会 数学  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

3D図形 (空間) 

と、ゆー訳で今回は数学をやります
テーマはズバリ、空間図形!!

受験生の大半が苦手とする空間図形…、苦手な人が多い中、得意になれたら凄く有利だよね!
特にセンターなんかでは基礎を測る試験な訳で、あまりに複雑な問題は出ないから、解き方を理解してれば楽勝です

空間図形が何故、複雑で難しいか?それは、二次元(平面)である解答用紙の中で、
三次元(立体)の問題を扱わなければならないからです!
これを攻略する方法は、

①問題文を読みながら、文中に示されてる立体を簡略に描いてみる(問題文中と一緒に立体が記されててもして下さい)
↓↓
②「頂点A,B,Cを通るように立方体Xを切る」、「最短距離は…」、「円錐Pを横から水平に見た時、(三角形に見える)…」、
「立体Mを展開すると…」などの(立体問題特有の)表記が(単純問題以外は)必ずあるので、
その表記に沿った平面図を描いてみる<これが正解に辿り着けるか否かを分けるポイント
↓↓
③平面問題として扱うことができるので、平面図形の性質を思いだしながら、
円、四角形、三角形、五心(外心、内心、重心、垂心、傍心)などを駆使して問題の核心に迫っていく
↓↓
④ここまでできれば、ほぼ正解です!

要は、空間図形は平面図形として扱うので、平面の力がなければ太刀打ちできません...
平面をマスターした後、空間を制覇するのをオススメします!
あと、図形が得意出来れば、柔軟な思考が身に付くので、他の分野にも対応できます!図形はコツコツ頑張って下さい!
お勉強会 数学  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

すーがく! 

こんばんはww
それでは早速始めます

今回はベクトルの話です

ベクトルは向きと大きさっていう2つの要素を合わせ持ってるから、ちょっと複雑化してる…

例えば単純計算のかけ算は2つのベクトルの内積で、cosθの値が必要になる
まぁ、2つのベクトルの成分が例えば(a1,a2)、(b1,b2)って分かってたら、
内積はa1b2+a1b2って表される訳だけど。

ベクトルの理解のコツは、問題で与えられたベクトルの位置と動きを
きちんと思い描けるか、が初歩だと思うんだ。
そのためにはまず、面倒くさくても「作図」すること!

次に、その図を見て、
「垂直だから内積=0」、
「平行だから実数倍」、
「正○角形は対角線を書いてみる」、
「A,B,Cが一直線上にあることの証明はAB,AC(始点をAに揃えた)の一方のベクトルが他方の実数倍を示す」、
「手がかりが少ない時は
PQ:PR=1-t:tと定めてみる」、
「文字が多い時は位置ベクトルで整理する」、
「|a-b|=○(a,bはベクトルとする)の
時は両辺を2乗してみる」など、
色んな問題解決のための要素を思いつかないとダメ!
黄チャートやクリアーでその練習をして、
少しでも実力アップすることを願い、応援してます! ここまで読んでくれてありがとう。
頑張って!
お勉強会 数学  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。