09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ ←1日1クリック!ランキング参加お願いします。
Linuxから始める先端ITもよろしくお願いします。

最新記事

△top

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

式の計算 整数の出力 

変換指示子という %d を使い

後に続く引数を整数と見なしその部分に代入されます

それではその動きを見てみましょう

続きから↓どぞ
c3.jpg

まず↑の画像を見てください。

たとえば

printf("%d は %d よりも大きい¥n", 200, 50);

とあったとします

これをコンパイルして実行した場合

$./pro
200は50よりも大きい

となり
%dのところに後ろで書いた 200 と 50が 順番に代入されていきます

また

printf("%d は %d よりも大きい¥n", 200, 50);
       ↑                  ↑ ↑
       第一引数         第2引数   第三引数

とそれぞれ区別されこういう呼び方をします。



また下記の画面のように %d に代入される数を計算式にした場合、計算結果が代入されます。
c4.jpg

                    ↓計算され%dに代入される
printf("100 + 50 =%d¥n", 100 + 50);
           ↑計算結果が代入される

下のように四則計算することも可能だ!
c5.jpg

演算子
+ 加算(足し算)
- 減算(引き算)
* 乗算(掛け算)
/ 除算(割り算)
% 剰余(あまりの計算)

というかんじです

あまり知らなかったと思うのが%の剰余だとおもいますこれは

もし 100÷7を行った場合=14…2 となります
このあまり2をだすのが%で
100%7 は 2 ということになります

では今回はこれで終わります

この記事に対するコメント

No title

コメントどうもです。
%が剰余たぁ知ってたけど、あんまり使わないです(俺は)orz
modみたいなやつですよね?
公開鍵暗号やるときには使いますが。
見た感じWindowsじゃないですね。
Linuxにしても、それ見たことないです。
あと、twitterフォローさせていただきました~~~

URL | GrenVicty #-

2010/07/22 08:36 * edit *

No title

そうですどうです
MOD みたいなやつです
エクセルでも使いますね
OSはLinuxでUbuntuを使ってます
もちテーマ変更してますよ
Twitterのフォローありがとうございます
折り返しフォローさせていただきました!

URL | ファイアー #-

2010/07/22 18:04 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fire1fire.blog41.fc2.com/tb.php/80-c7f3bc7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。